FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めもめも

卒論関係の覚え書き。意味不明ですんまっせん!

******************************

多摩市愛宕地区ミニバスを走らせる会の変遷

・市長と都市づくり部長の発言→ミニバスを走らせる会準備会→陳情型ではなく提案型の運動
・ミニバスを考える会結成
・ルート、料金、運行主体など、様々な角度から手探りで検討を重ねる
・アンケート、玉川学園へのヒアリング
・1年間の報告書作成
・評議員の募集→ミニバスを走らせる会へ
・自治会、老人会の代表で構成される評議員
・ミニバスを走らせるために必要な条件を整備し、そのために必要なコミュニティへアクセスする
・公聴会=住民へ今までの活動内容の報告
・公聴会の役割分担

point
・やる気のあるボランティアで構成されている
 →住民とともに行き先を定め、住民をひっぱっていく
・評議員の選出
 →世帯主等ではなく、自治会や老人会の代表が出席
  →各地域ごとの意見の反映、女性の参加
・個人をクローズアップする
 →役割分担時、組織や団体を指名するのではなく、個人を指名して依頼する
  →一人ひとりの顔と名前が前面に出る
   →人としての主体性、個人としての他者を尊重する態度の根付き
    →主体的な活動の意識
・女性の参加
 →世帯主の参加により女性の意見が埋没
  →しかし女性は男性より多くの時間を地域で過ごす
   →男性とは異なる感性で地域を見つめている
    →女性も参加しやすい場、時間帯の設定
・自治会、老人会によるミニバスを走らせる会への期待
 →愛宕地域には多くの自治会、老人会が存在する。
  →ミニバスを走らせる会は、これらの自治会や老人会を包含し、それらを視野に含めた活動を行っている
   →将来的に、ミニバスを走らせる会は各自治会・老人会の知的ヘッドとなることが期待されている
・能動的に「計画」し、「実行」する
 →これまで地域の運営に欠落していたのは能動的に計画し、実行する姿勢である
  →愛宕地区は団地完成当初に発生したダニ問題で、能動的に実行する姿勢は持っていた
   →しかし、実行する姿勢を持ち合わせているだけでは、その場その場で発生する問題に場当たり的に対処するのみにとどまってしまう。
    →高齢化が進む現在、動ける人が10年先の未来を予測し、計画を立て、実行することが求められている
・住民の任意団体の後押しが生み出す相乗効果
 →ミニバスを走らせる会は、バスを走らせたい住民が立ち上がり、それを行政が支援することによって、大きなうねりを生み出している。
  →他の地域からもミニバスを走らせたいという声は挙がっているが、自ら立ち上がって活動をする地域はない。
   →そのような地域の見本となってほしいという思いから、行政はミニバスを走らせる会を全面的にバックアップしている
    →最終的に、このような活動が増え、地域全体のうねりを活性化させるという相乗効果が期待されている。

*********************************

ここまで。
さー・・・どれを書こうかな・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kasumi

Author:kasumi
府中でUI/UXデザインのお仕事をしています。

まだ新米です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。