スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めもめも

卒論関係の覚え書き。意味不明ですんまっせん!

******************************

多摩市愛宕地区ミニバスを走らせる会の変遷

・市長と都市づくり部長の発言→ミニバスを走らせる会準備会→陳情型ではなく提案型の運動
・ミニバスを考える会結成
・ルート、料金、運行主体など、様々な角度から手探りで検討を重ねる
・アンケート、玉川学園へのヒアリング
・1年間の報告書作成
・評議員の募集→ミニバスを走らせる会へ
・自治会、老人会の代表で構成される評議員
・ミニバスを走らせるために必要な条件を整備し、そのために必要なコミュニティへアクセスする
・公聴会=住民へ今までの活動内容の報告
・公聴会の役割分担

point
・やる気のあるボランティアで構成されている
 →住民とともに行き先を定め、住民をひっぱっていく
・評議員の選出
 →世帯主等ではなく、自治会や老人会の代表が出席
  →各地域ごとの意見の反映、女性の参加
・個人をクローズアップする
 →役割分担時、組織や団体を指名するのではなく、個人を指名して依頼する
  →一人ひとりの顔と名前が前面に出る
   →人としての主体性、個人としての他者を尊重する態度の根付き
    →主体的な活動の意識
・女性の参加
 →世帯主の参加により女性の意見が埋没
  →しかし女性は男性より多くの時間を地域で過ごす
   →男性とは異なる感性で地域を見つめている
    →女性も参加しやすい場、時間帯の設定
・自治会、老人会によるミニバスを走らせる会への期待
 →愛宕地域には多くの自治会、老人会が存在する。
  →ミニバスを走らせる会は、これらの自治会や老人会を包含し、それらを視野に含めた活動を行っている
   →将来的に、ミニバスを走らせる会は各自治会・老人会の知的ヘッドとなることが期待されている
・能動的に「計画」し、「実行」する
 →これまで地域の運営に欠落していたのは能動的に計画し、実行する姿勢である
  →愛宕地区は団地完成当初に発生したダニ問題で、能動的に実行する姿勢は持っていた
   →しかし、実行する姿勢を持ち合わせているだけでは、その場その場で発生する問題に場当たり的に対処するのみにとどまってしまう。
    →高齢化が進む現在、動ける人が10年先の未来を予測し、計画を立て、実行することが求められている
・住民の任意団体の後押しが生み出す相乗効果
 →ミニバスを走らせる会は、バスを走らせたい住民が立ち上がり、それを行政が支援することによって、大きなうねりを生み出している。
  →他の地域からもミニバスを走らせたいという声は挙がっているが、自ら立ち上がって活動をする地域はない。
   →そのような地域の見本となってほしいという思いから、行政はミニバスを走らせる会を全面的にバックアップしている
    →最終的に、このような活動が増え、地域全体のうねりを活性化させるという相乗効果が期待されている。

*********************************

ここまで。
さー・・・どれを書こうかな・・・
スポンサーサイト

まだ書いてないこととぼやきとメモ

まだ書いてないこと
・横浜ワークショップ(書く)
・金の卵(書かないかも)
・時間展(書く)
・トリエンナーレと卒展ミーティング(書く)


最近したこと
1.コンペ部
最近、小池研の有志でコンペ部が発足されました。
コンペ部の目的は実習まで他の人と闘う機会がない→経験しよう!みたいなことがメイン。
4年生になると今までやってきたような(いい意味でも悪い意味でも)夢のあるデザインに取り組む機会が減ってしまうというのと、院生や3年生と一緒になってひとつのものを提案する機会が今までなかったことがあるので参加することにしました。まだまだどうなるかわかりませんが楽しみです。

2.万華鏡ワークショップ
知っている人は知っている、私の万華鏡好き具合。
先日渋谷のBunkamuraで万華鏡ワークショップがあり、母と参加してきました。
めっっっちゃたのしかったー!ほんと、万華鏡ってすごいと思う。「のぞく」という行為で一番楽しめると思うんだよなー。それにほんと可能性が大きい。
講師の方が言っていたんですが、「光は川の流れと一緒」ということ。
一番早く流れる方へと水は流れていきますよね。それと同じように空気の中、水の中、それぞれもっとも早く走ることができる方向に光は進んでいきます。それを計算して鏡の角度を筒の中で変えたり、入れるものを変えたり・・・まだまだいろんな可能性があるんだろうなー。

3.就職活動
先日、第一次面接に行ってきました。
しゅうかつらしいしゅうかつをするのはかれこれ・・・半年ぶり・・・という・・・。
自己紹介というか自己アピール?とかするのもすんごい久しぶりで・・・何しゃべるとか全然決めずに行っちゃったんだけど結構しゃべれるものですね、というか私がしゃべるのだいすきなんだけど。
前にポートフォリオは持っていっていたので、今回は+αとして、夏に行った活動の写真集を作っていきました。内容は教育実習とex-sightと空想無印ワークショップと横浜フィールドワークワークショップ。自分が写っている写真をぽいぽいっと選んでぽんぽんっと載せたようなやつなんですが、それをお見せしたら言われた一言。

「山田さんは、人をひっぱっていく方ですね」

意図的にそういう写真を選んだわけではないんですが(普通にご飯食べてる写真とか、集合写真とか、お酒飲んでる写真とかも載せてますもちろん)写っている写真ほとんど私が中心にいる、という。うーん・・・なるほど・・・。そういうところも見られるわけですね・・・これからは写真選びを気をつけようと思います。笑

次回最終面接らしいので、ど、どうしようあと何をしゃべればいいのかしら・・・という感じですが、がんばりたいと思います!


あ、あと今日からゼミが始まります。やっと卒研着手ー!(おせええええ)

ハイハイ!

またですね!滞ってますね!いつものことですね!
もう8月のこととかあんま覚えてないよーってね!だめすぎるね!

とりあえず、こつこつ書いていきます・・・。

[君の身体を変換せよ展]

写真撮影が禁止だったのでほとんど写真ないです。
k01.jpg

もう終わっちゃったので、展示物の詳細はこちらからチェックしてみて下さい。

1.伸びる腕
2.翔べ!小さな自分
3.21世紀如意棒
4.点人間 線人間
5.ミクロ職人修行
6.計算の庭

一通り全部体験しました。

で、感想。

2:腕の動かし方によってとぶ高さが変化する。(おそらく、腕を大きくゆっくりと動かした方が認識がしやすいため)どんなにがんばってはやくばたばたやっても全然飛ぶどころか落ちちゃったり。でも気持ちのいい加速度でおもしろかったです。

3:意のままに映像の中の線が動く、という感じではなく、棒をつっこんだら画面に線が現れてくにゃくにゃしたりまがったりする、という感じでした。視覚的な変化だけじゃなくて、棒を穴に入れた時に中でなにかしらのインタラクションがあったほうが映像と自分の動作を結びつけやすいと感じました。

5:これ、すごい。
k02.jpg
文字は当然のことながら小さすぎてつぶれてみえないんですけど、このはがきサイズの紙には以下のことが書かれています。

れんしゅう
ひらがなの「あ」を
かいてみよ


もっとちいさく
かいてみよ


さらにちいさく
かいてみよ




ミクロ職人修行
スタート!

ミクロ計算ドリル
2×3=
4-1=
5+3=
4+2=

ミクロ計算ドリル2
5-4=
3×3=
8÷4=
12-5=


修行おわり!
自分で名前をかこう

ミクロ職人 認定証
    学校
    様
右の者を、ミクロ職人の技術を持つ者と
認定します。
東京藝術大学
教授 佐藤雅彦

これだけの文章が約8cmの間に書かれているんですよ・・・いまここに書く為に目を凝らしすぎました・・・めが、めがぁぁぁぁ

あ、ちなみ四角で囲まれているところが最後のところです。(認定証のところ)
その下は私の落書きなので気にしないで下さい。

紙を見ないでカメラで拡大された映像だけをみて文字を書いていくので、自分が書いた文字の小ささを肉眼で見た時にすごくびっくりします。うーんすごい。

色々

最近のことをメモ代わりに。

・卒展の会場、日程が決まる
→3月6日?8日 横浜のBank Art Studioにて。専修大学上平研究室と合同卒業研究展を行います。詳細はまた後日。

・行きたいところメモ
多摩美オープンキャンパス(八王子キャンパス)(できれば上野毛も)(でもテスト期間)
君の身体を変換してみよ展(ICC)
金の卵展
横浜トリエンナーレ

・参加するもの
横浜山手フィールドワークワークショップ

・参加したいもの
ex-sight
FF/FX組と香川

・就職が決まりかける
また来週伺う

・3年生の夏の予定にビビる
一言もの申す

・卒論もそろそろ始める。かも。
とりあえず多摩市役所に行く



なんだかまたーりしてきてしまっている気がしてなりません。
また怒濤の日々が来るとはわかっていても、このマターリしている時間は落ち着かない。
はやくやれることができればいいのになー。
時間の使い方が下手なくせに忙しくないと落ち着かないと言う。器用貧乏です。あ、そもそも器用じゃありませんでした。

・iPhoneについて
5326150.jpg

買いました。


友人が。
とりあえず私は様子見組です。
どこもにがんばってほしい気もするが、どうかな・・・。



・ぼやき
こっからはぼやきです。
先日就活で某会社に行って、ポートフォリオをお見せしながらお話をしていたときのこと。
小池研は活動中心のデザインを行っています。活動中心のデザイン。その活動とは自分の活動です。自分の活動に焦点を当てて、ものやことをデザインする。
今人間中心設計とか、ヒューマンセンタードデザインとか(同じか)色々言われているわけで。でもその人間てだれよ?ってことになる。具体的なユーザが見えないままもののデザインを行っても仕方ないと。
そこでペルソナというものが出てきたとして。そのペルソナもきちんと役割を果たせるならいいですけど結果自分の話を通す為の都合のいい仮想的な人(=自分)であったら何の意味もないわけで。
というお話を伺いました。
活動中心のデザインて、どこか説得力があるようで実はない。「私は」○○という活動をします。だからこれが必要なんです。そう言っても結局「私」以外の人に納得してもらえるかもらえないかっていったら納得してもらえない方が多いかもしれない。

小池研で活動中心のデザインを始めて1年。展覧会などで評価してくれる人に出会うと、嬉しい反面不安になることも多々ある。



だって、仕事で「私は」では通用しないから。

今日からきくためのデザインです。

音楽を聴くという活動から、携帯音楽プレーヤーのデザインをします。
今日は活動のプレゼンなんですが、一人で音楽を聴くことっていうのはどうも広がらない気がして、2人以上で聴く場合で考えて行こうと思ってます。
もともと一人で音楽を聴くというのは、自分の音楽社会の幅を広げることもできないし、他人を遮断してプライベートな空間に入り込んでいると感じています。
もちろんそれが悪いという訳ではないのですが、私は他人がどんな音楽を聴いているのか知りたいし、どんな音楽が好みなのかとか、今のはやりがなんなのかとかも知りたい方です。

友達と音楽を聴くときは大体おすすめされて、かたっぽのイヤホンを借りて同じ曲を聴き、あ?これいいね?というような活動をしています。
誰かと同じ音楽を同じ空間で聴くということは、仲の良い友達同士でとかならいいですが、大衆で聴く場合はほとんど自由がききませんよね。
その空間を共有する人々のコンセンサスが必要になってくるし、音楽の選択をする側にとっても配慮が必要になってくるわけで。
そこにいる人々全員が音楽を聴く/聴かないの選択もできないし。

誰かと同じ音楽を同時に聴いてコミュニケーションをとる、ということは多いですが誰かと別の音楽を同時に聴いてのコミュニケーションはするんでしょうか。
別の音楽を聴くということはつまり一人で音楽を聴いている状態と同じ訳で、他人を遮断してしまう状態になってしまうんでしょうか。

まだ書きたいことはあるんですが、これから授業なので行ってきます。
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kasumi

Author:kasumi
府中でUI/UXデザインのお仕事をしています。

まだ新米です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。